こちらは小学生低学年のことから視力が悪かっただ。しかしそれを指し始めたのは小学生4年生のことです。
さかのぼると40年ぐらいの前の話ですが、その時は視力診療で1.0未満で精密診療が必要としている人は、
講話でも数えるほどでした。私もそのしている時の単独だと思うと辛くて本当に落ち込みました。
レクチャーも座席も前の方にしていただきました。その時の視力は0.5か0.6ぐらいでした。
あんなある日、女の子が視力回復真ん中で講義器具を購入して、視力回復講義を自宅で行ったりしました。
しかしそれでも視力は毎年下りるゼロ方で講義を行っても効果はありませんでした。
とにかく新学期が始まって健在診査があり、そのしている時で視力診療はとくに憂鬱で、登校拒否にほど近い事象さえ出ました。
とにかく健在診査の当日は学校に伺うのにアクセスがなかなか前に進まず、異様に歩みも重たかっただ。
まるで杖をついている老人みたいな足取り方でした。
そしてしている時学に混ざる前に眼鏡をかけ始めました。その後も視力は毎年少しずつ下がっていきました。
そのたびに眼鏡をやりなおすという繰り返しでした。高校生に入ってからはいつの間にか裸眼視力は以前ほど
あまり気持ちにならなくなりました。裸眼視力は0.1以下でしたが、そのようなジレンマよりも
眼鏡をかけて一番後ろの座席で黒板のワードが見えているかどうか、それがマキシマム大切な要因でした。
しかし高校生になると裸眼視力も眼鏡の度数もそれなりに落ち着いてきました。
それでも視力診療と聞くと大きなNo適合をひきおこしました。
まだ視力診療よりは歯医者のようなつらい診査の方がずっとましだという情熱もありました。