所帯来訪は男性が応対してくれたので、身が幼児の担任と巡り合うのは参観日光が初めてだった。「去年配属になった真新しい教員で、なかなかいい感じの人だったよ。善良で熱心そうだし、教授稼業になったことを誇りに思ってそうな感じの人だった。」というのは、所帯来訪のサービスをした男性が話していた予行風説。美しくはなかったらしきのが多少残念だったけど、「教授稼業になったことを誇りに思ってそうな感覚」と言うので今まで安心して幼児を小学生に通わせてきた。でも、今日の参観日光でちょっとと言うかかなり状況が変わってしまった。教科は確かに熱心だったように思うのだけど、姿と目元と話し方が友人の元婚約者にそっくりだったのです。元婚約者と言うからには婚礼しかけたのを破談にやるわけで、その原因の全てがその元婚約者にあったという曰く付きの元婚約者だ。ビジュアルフォルムが通じるからといって、同じ相性であるとは限らないけれど、目元というか目のつや方まで組合せというのはちょっといただけないように思いました。目は口ほどにものをいうと言うけれど、実際その通りだというのは社会に出てから思いきり経験していますし…。貸出と母親を作って暴力もふるって、トンズラこいた元婚約者は、今は他の人と結婚して別の大地にいるから本当に一人ひとり人なのだけれど、声のトーンまでなるほども通じると見ていてかなり複雑な心境になりました。エタラビについて